飲みの締めは風俗

バリエーションも実は豊富なんですよね

ピンサロって実はバリエーション豊富なんですよ。「ピンサロ」というジャンルそのもののバリエーションというんですかね。どのお店もシステムそのものは同じだとしてもプレイの環境は割と個性を打ち出していますので、どんな楽しさが待っているのかは実際にピンサロに行ってみないと分からないんです。これはどの風俗でもそうかもしれないんですけど、他の風俗の場合個性を出すのはお店じゃなくて女の子じゃないですか。お店が出来ることってあんまりないと思うんですけどピンサロに関してはどのようなお店なのかによって楽しさや満足が全然変わってきますので、他の風俗と比べるとお店の個性のバリエーションは豊富なんです。それこそ同じエリアにある競合店同士でさえまったくコンセプトが異なるピンサロがあったりします。それだけ競争がし烈と言うことだと思うんですけど、男にとってはありがたいことじゃないですか。単純な話、やっぱりどんなお店なのかは重要ですよ。

お金の考え方として…

どんなサービスであれ、お金はある程度サービスの質を表していると思うんですよ。高いサービスと安いサービスが同じクオリティの訳がないじゃないですか(笑)安いということは、高いサービスと比べて何かがないのは当たり前なんです。それに対して不満があるなら、じゃあもっとお金を出せって話になりますしね。これは風俗に関してもある程度のことは言えるかなとは思います。やっぱり値段の高い風俗の方が女の子のレベルは高いかなと。これはホームページを見るとある程度分かりますよね。安い風俗店よりも高い風俗店の方がホームページでも女の子のラインナップが豪華だなって思うことも珍しくないんですけど、ただ安いからダメということもなく、特に最近では安い風俗でもそれなりのレベルの女の子が増えていると思いますので、それはそれで特に問題ないんじゃないかなと(笑)安いからと割り切って利用する分には全然問題ないんじゃないのかなって思いますが。