飲みの締めは風俗

プロフェッショナルと呼ぶに相応しい

Uちゃんはプロフェッショナルと呼ぶに相応しい風俗嬢だなって思いましたね。彼女の強みというのはいろいろとあると思うんですけど、個人的に思ったのは彼女は決して独り善がりではないんです。自分を押し付けるのではなくて相手を受け止めるというか、こちらのことを考えてくれているのが良く分かりましたし、考えた上でプレイを展開するのでこちらが満足出来ることばかりを楽しませてもらえたんじゃないのかなって思っています。だからこそ、彼女のような女の子とのプレイは自分でも相当な満足感になりましたよね。あれだけのことをしてくれるというだけでもやっぱり嬉しいものじゃないですか。それに、彼女は終始余裕そうな表情を見せてくれていたのもポイントが高いですね。大変そうな顔を見せられると、自分がイキにくいからなのかな…とか考えちゃうじゃないですか。でも彼女は終始余裕そうだったので、何から何まで彼女はプロフェッショナルな風俗嬢だなって。

風俗は自分のタイミングで遊べるのがいい

風俗は病院のようにいつ訪れるのか指定されるものではなく、自分が好きな時に楽しめるじゃないですか。それがいいんですよね(笑)好きな時に風俗で遊べるし、遊ぶかどうかも含めてすべて自分の自由じゃないですか。ポータルサイトを見たり、あるいは口コミなどインターネット上のコンテンツを調べて楽しむのも自由なら、適当にお店に入って女の子と楽しむのも自由です。すべてが自由だからこそ、男にとってこれ以上都合の良いものはないんじゃないのかなって思っていますし、そのおかげで自分もここまで風俗にハマっているんじゃないのかなとは思いますよね(笑)だって遊ぶ日を指定されていたらやっぱりそれはあまり好ましくはないと思うんですよね。いつでも好きな時に自分のペースで遊べると言うのは、何よりも強みなんじゃないのかなって思いますので、風俗は男の要望を発散出来るだけじゃなく「いつでも」という点が大きな魅力でもあるんじゃないのかなって。