飲みの締めは風俗

ガチャ辞めた。風俗にした

アプリにハマっていたのもあって、月額の課金料はかなりの額になっていました。それくらい自分でもかなり頑張っていたんですけど、課金したところで何もないってことが分かりました。それならもういいかなって。課金したところで得られる満足と言うのは本当に一瞬なんです。さらに言えば、そこで終わりじゃないんです。一度だけであればそれで良いんでしょう。でも一度で終わりじゃないんです。遊んでいる限り、常に課金し続けなければならないんです。だからもういいかなって(苦笑)それで風俗で遊ぶようになりましたけど、それはそれでいいんじゃないかなと(笑)むしろ風俗は別に課金を強いられるわけでもないし、自分の好きな時に遊べるという点では風俗の方がいいんじゃないのかなって思ったんです。だから風俗で遊ぶようになりました。風俗も課金もお互い興味がない人にとってはどちらも同じものに見えるかもしれませんけど、興味のある人間にとってはこれは全然違うんです。

決して無駄にしたくない。だからこそ…

お金は無駄にしたくないじゃないですか。稼ぐのだって大変なんです。だからこそ、有意義に使いたいなって思っていますので、とりあえず風俗で遊ぶ時には相手に関しては結構慎重に考えますよ。「誰でも良い」「何でも良い」ではなくて、相手は自分が納得出来る女の子とって気持ちがありますので、風俗のホームページを見る時にもやっぱりいろいろなことはチェックしますよね。例えば風俗嬢の性格。ブログはまめに更新しているのかや、どういった内容なのか。お客さんへの感謝の気持ちが多いのであれば良い子だなって思いますし自分のことも書いてくれるかもしれないって思ったら嬉しいじゃないですか(笑)お金を無駄にしたくないという気持ちと、満足感を得たいという気持ちはほぼ同じ物だと思いますので、それらの気持ちを無駄にしないためにも風俗で遊ぶ時には自分なりにいろいろなことを考えるのはある意味では当たり前のことなんじゃないのかなって思っています。